当社は、水素の医療利用研究のパイオニアです。

当社は、水素の医療利用研究のパイオニアです。2007年に日本医大(当時)の太田成男教授らがNat. Med.誌に水素の抗酸化効果を報告して以来、水素医学研究が進展していますが、当社では太田教授らの報告より2年前の2005年に日本農芸化学会の英文誌(Biosci. Biotechnol. Biochem.、以下 BBBと略)にラットの酸化剤誘発モデルに対する水素水の抗酸化効果を報告しています。従って、国内研究では当社の研究論文が初めて学術誌に掲載されたことになります。また、水素の酸化ストレスに関わる遺伝子レベル研究も東京大学との共同研究で2011年にBBB誌に発表していますが、これも水素の遺伝子研究の先駆的な論文です。各論文は下記のURLをご覧下さい。

http://www.tandfonline.com/doi/pdf/10.1271/bbb.69.1985
https://www.tandfonline.com/doi/pdf/10.1271/bbb.100819?needAccess=true